だいたい5年ぶり二度目かばんの中身出し。

所持品を見るだけで、持ち主の人となりが見えてくる。フォトプロジェクト「ペルソナ」 : カラパイア
これを見て久しぶりに出そう。出しちゃお。と思いました。持ち物披露は今昔問わず本当に面白い。
わたしの前回見せがこれです。はてなかばんの中身出し。 - numbness&tingling

住んでる家とか体型は変わったんだけど持ち物はあまり変化がない。

ハンカチなんて5年前からずっと使ってる。あもちろん使って洗っています5年間。財布が変わった。あとここにiPhoneが入ります。iPhoneで写真を撮ったので抜けています。そういえばめっきりiPhoneで写真を済ますようになってカメラを使っていない。「よし今日は」という感じで持っていきます。ここに写ってるのはフィルムカメラなのでフィルム一本終わるまで長々撮っている。

このままおばあさんなるまであまり変わらないんじゃないでしょうかね。

おせち2014。


趣味というにはおこがましいくらい年に一度くらいしかやらないのでおこがましいばかりですがおせちを作るのが好きです。核家族のためあまりたくさんは必要ありませんのでじわじわ何年もかけて少量のおせちを作る技を身につけまして今年にいたっては今日1/2におおよそ全部食べ終わります。ただ黒豆に関しては来年の分もある量ですが年に一度の趣味ですからまた今年の年末も作ります。市販のおせちを食べたことがない。わたしの趣味のためにうちの核家族は市販のおせちを食べたことがない。色鮮やかな品数の多いあの市販のおせち。そして核家族に優しい少量タイプも用意された市販のおせち。悩ましいところです。でもおまえさん達とわたしの心は決まっているはず。周りの人間を犠牲にしても趣味を貫くその姿勢。風邪を引いたって構わない。目当ての品を買えるならあの子と握手できるなら深夜早朝の行列だっていとわない。そんなあなた達と心はひとつです。趣味ってそういうもんだよね。わたしなんか年に一度の趣味だしさ。さあ回すんだ、経済を!
今年もよろしくお願いします。

キッチンツール出し。


大掃除がてらキッチンツール出ししておきます。製菓製パンの道具は入っていません。台所がせまいのでなにしろ必要最低限で回している感じ。
今年いちばんのできごとといったら体重の増減でしょうか「増」は二年くらいかけてじわじわきまして今年は一ヶ月で10kg以上「減」だったのでいままで経験のない肉体の変化でなかなか発見も多く、とにかく筋トレに開眼し200kg超のカジキマグロを自力で釣り上げることが目標となりました。まず漁船を買わなくてはなりません。来年は船を買っちゃうぞ。あととくにいやらしいほうの肉体の変化は見られませんでした。だいじょうぶです。だいじょうぶです。
12/31から1/1にかけては非常に前向きな気分になってよーし今年こそ!なんて思ったりしますけどせいぜい5時間程度の思い込みです。なにも変わりません。来年もあなたはあなた。だいじょうぶです。
よいおとしを。

大根餅。

新宿駅の構内でもインフォメーションされていますのでみなさんご存知だと思いますが断腸の思いでお話しますとわたしは中華屋さんにある「大根餅」が非常に好きで小判くらいの大きさのが4つくらい楕円形の白いお皿に乗っかってくると上に飾られているパセリだのパクチーを同行者の飲み物のグラスに突っ込んでからまずはタレを付けずに、その大根餅の生い立ちを確認しながら然るべきタレに浸したりビールを挟んだりしながらにこやかにいただくのが何ともいえず至福です。ということになりますとトラディショナルアサシン主婦代表としては自分の力を持って大根餅を作ろうと試みます。あんなものは実のところ大根と粉を使ったらいいわけですから造作もないと鼻で笑う訳ですが、まあこの辺り先祖代々カリスマと呼ばれ影ながらこの世を救ってきた宿命をせおっていなければご理解いただけないとは思うのですが、大根餅といっても一筋縄ではいかない。イキますけどね。そういった宿命を背負って二の腕の内側に紋章の刻まれた者共の集う場所、そうクックパッド。あ、ちなみに紋章は鉄のフライパンの形状です。まあ、最近の若い方々の中にはIH対応のフライパンもあるんですけどね(笑)そのクックパッド(一子相伝)によれば「大根はおろし、粉はよしなに」というのが主流です。わたしはだいだいノーパンであり「大根はおろし、粉は白玉粉」という曾祖母からかつてのいたましい料理戦争の際言い伝えられましたがこのレシピ、どうも違うんじゃないかと…いや、なにも伝統や人間としての尊厳を否定するわけではないのです。…ただ、中華屋さんの大根餅は、「大根は極細かいせん切り」なのではないかと…。ああ、、申し訳ありません。みなさんを我々の個人的な御家騒動に引き込むような発言をしました。忘れてください。

カマンベールチーズフライ。

夏休みに浮かれて高原に旅行した人からカマンベールチーズをもらった。チーズは好きだけどカマンベールチーズはなんか火を入れないと美味しく感じないので家族の意見は取り入れず独断でフライにすることにした。衣をつけるだけなのでとても簡単。むすめもチーズが大好きなので揚げたてをおいしそうに食べるんだけど衣の中のとろ〜っとしたところしか食べない。たしかにそこがいちばん美味しいとおもうから自由に食べさして残った衣はわたしが美味しくいただきました。ところでこういうむすめの食べ方は一般的には行儀が良くない。家ではいいけど他人との食事ではやるべきじゃない。でも家ではいいかなとわたしは思う。でもむすめが外で「行儀が悪い」と思われるのはいやだので教えた方がいいんだろうけど、家ではいいけど外ではだめ、というのは子どもが理解する上で効率がいいとは思えない。行儀がよくないなーとおもってもその人のキャラクターで許せる時と場合もあるし要は相手に不快な思いをさせないっていうのが結局マナーなんだろうなと思うけどわたしは親だからわかりやすく基本は教えなくちゃいけない。
中身も外側もそれぞれおいしくできたカマンベールチーズフライの話。

夏が終わる。

しばしば人を怒らせておいて「怒ってる理由がわからない」という人をみます。もしほんとうに相手を怒らせた理由がわからないのだとすると頭が良くないということですしもしくは相手がほかの人に対して怒っているのを間違った相手に怒っていると伝えてしまった人身事故の可能性があります。だいたい人を怒らせた場合相手がなぜ怒ってるか理解しています。それを「わからない」というのはあなたが怒っている証拠です。「自分は正しいことを言っているのに怒るのはおかしい」ということを「わからない」と言い換えて自分の気持ちを伝えることを放棄していますから怒ってる状態が考えられます。怒っていない人間は丁寧に説明をする能力と時間をやりくりできますから「わからない」とはいいません。そしてこの状態は 『怒り×怒り』という図式になり『怒り×怒り=戦争』ということになります。そうすると多くの人間が死にます。だれもいなくなります。さっぱりします。夏はもうきません。

根源。

イライラしますね。だいたい人間というのはイライラしますんですね。最近歳の近い女性に「ねえ、ゆきちゃん。わたし更年期かな…?昨日からイライラしてばっかりで(笑)」といわれたので、ああ!わたしはいつでもイライラしてるよ!だいじょうぶ!と応えたら会話が終わりました。ここで注目したいのは「更年期かな?」と言った女性が最後に(笑)←ここです。(笑)←これは余裕を表します。彼女は更年期障害かもしれませんが余裕があります。わたしには余裕はありません。わたしは更年期障害ではないかもしれないけど余裕がない状態です。そしてまた体内はイライラしているのに表面上非常におおらかに見せているというさらなる闇が存在します。イライラというのはどこからくるのでしょうか。おそらくは自分のおもうとおりにならないなどの自分の中で上手く物事が処理できなかった場合に発令されるのがイライラといえます。つまりわたしはイイ歳をして物事をうまく処理できないという… うるせえ!!!!!